ホワイトシェパードとは of New Site 5

ホワイトシェパードとは


OCEANの同腹の弟フォルクです。ドッグショーの時にスカウトされ雑誌にデビュー40Kを超え、立派な雄犬になりました。



ジャーマンシェパードのブリーディングの際に白い犬も交配に使われたために、白いシェパードが誕生しました。その後、その白いシェパードの血統は70年以上も引き継がれ、世界中に広がっていきました。しかしながら、世界各国でブリードのテーマがそれぞれ異なったため、体型、色、体質などには国ごとに特徴がみられます。

 ホワイトシェパード(ホワイト・スイス・シェパード)は日本には1990年頃に初めて輸入されましたが、その存在を知るのは一部の愛犬家だけにとどまっていました。2001年に日本ホワイトシェパード犬協会が設立され、血統管理、ブリーディングテーマの決定、広報活動などにより日本のホワイトシェパードの確立に協力しています。

 Weiss Meer [ヴァイス メーア]は、ホワイトシェパード専門のブリーダーとして、日本ホワイトシェパード犬協会のブリーディングテーマに沿った形で、日本のホワイトシェパードの育成を目指して活動をしております。

※ 本内容は、日本ホワイトシェパード協会より一部抜粋しております。
  ● 日本ホワイトシェパード犬協会


JWSA(日本ホワイトシェパード犬協会)の登録犬舎となりますので、JWSAの血統書発行となります。